安定した収入は欠かせない!賃貸経営を始める際に必要な知識

良い点も悪い点も知る

ウーマン

ビル経営をするのであれば、それなりに勉強をしなければいけません。ちゃんと勉強をすることで、失敗しない投資方法などを知ることができるのです。ビル経営をこれから考えている人は、メリットやデメリットを知っておいた方が良いでしょう。まず、デメリットについて紹介していきます。ビル経営をする上でのデメリットは、まず建築コストが高いことにあります。オフィスビルや商業ビルなどを建てる際には、大金が必要となるでしょう。
マンションやアパートを建築するよりもコストが高いので、あまり資金を持っていない人には向いていないといえます。初期費用の負担が大きいというのは、最初でガッツリとマイナスを食らってしまうということから、精神的にもあまりよろしくありません。次に、税金問題です。商業ビルやオフィスビルは、住宅ではないので、固定資産税の軽減が適用されることがありません。そのため、税金の負担が大きくなってしまうのです。他にも、退去や空室があることでリスクが上がるというのもデメリットといえます。
マンションやアパートと比べると単価が高い分、痛手となりやすいのです。ビル経営のメリットは、住居用物件よりも家賃を高く設定することができるというメリットがあります。通常のアパートやマンションの2倍近くにまで設定することができるので、月の収入も多くなります。また、ビルを利用している人には法人が多いため、近隣トラブルのようなことが発生しないというのもメリットです。一気に収入をアップさせることが目的であれば、ビル経営は打ってつけだといえるでしょう。